スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大詰め

P1290563.jpg

 布クロスを決定します。

P1290565.jpg

 決めたのはこれ。

P1290568.jpg

 水周りのビニールクロスは、こちらに。
 とにかく柄が大きくなく、シンプルなものに。

P1290574.jpg

 これは、パントリーや廊下のちょっとしたとこのクロス。
 和紙調の薄いブルーの中に、かすかに四角の模様が点在している感じ。

玄関

tk163.jpg


 玄関天井部の梁の加工細工をしているところです。

 tk164.jpg

 玄関です。(作業前)

tk165.jpg

 梁を通して、プラスターボードを打ちつけていきます。



天井

tk161.jpg

 玄関の天井用木材です。

tk162.jpg

 棟梁のかんなさばきで加工されているところです。

細かい作業

tk159.jpg

 和室の縁側です。
 早く座りたい気持ちにさせてくれますね。

tk160.jpg

 こちらは、今の天井。
 棟梁が作業中です。

 プラスターボードを打ちつける前の、下地になる木材も、ちなみに国産材使用です。

小屋裏収納

tk158.jpg

 二階の主寝室から見た小屋裏収納部屋です。
 
 入り口の間口も大きくとってあるので、出入りがしやすそう。

 天井部分の小屋裏収納も一番最初は考えたけど、将来的にはしごを上ることを考えると、却下。

 1階にかかる屋根の部分に、2階からそのまま出入りできる構造にしたかったの。

子供部屋

tk154.jpg

 子供部屋です。
 
 子供部屋は、中を仕切らずに使う予定です。
 うちは男の子2人なんで。

 でも、将来仕切ることになってもいいように、ドアも、クローゼットも2つずつついてますよ。

tk155.jpg

 ここは、押入れ部分です。


気に入ってます

P1270336.jpg

 新年になって初の見学。
 2階の小屋裏部分の床板も張られていました。
 以前は、はしごでここに上がらせてもらったんですよね。

 ひとつの部屋として使えそうなくらい広いですよ。

 でも、旦那様の本ですぐにいっぱいになっちゃいそう。


P1270339.jpg

 ここは書斎。
 旦那様は家相とかものすっごく気にするタイプなんで、ちゃんと家の西を守る位置に。

P1270341.jpg

 書斎の足元には簡易書庫も。


P1270345.jpg

 書斎の隣は、ウォークインクローゼット。
 ここにも腰板が張られてるんです。


P1270348.jpg

 そして、階段を下に下りて、階段下のちょっとした収納部分。

P1270358.jpg

 これは階段の横に張られる木材です。
 手すり部分。


P1270361.jpg

 リビングの座卓になる部分です。

P1270367.jpg

 南面の屋根を見上げたところです。



 棟梁や職人さんに新年のあいさつをして、今年もよろしくとお願いした後、いろいろ見させてもらってたんだけど、棟梁が、「ちったぁ気に入ったもんが出来とりますかいね」と言ったのが笑えた。



 こんな会話も出来るぐらいな間柄になれたのがうれしいですね。

仕事始め

tk143.jpg

 あけましておめでとうございます。
 
 今年もSさん、職人の皆さんにはお世話になりっぱなしですが、よろしくお願いします。


tk144.jpg

 これは、4メートルの一枚板。

 以前、木材市場で目をつけてたものです。

 これは、1メートル50センチを、2階の洗面カウンターに。
 2メートルを座卓の天板に。
 残り50センチを座卓の足部分に使います。
 

tk147.jpg

 そして出来上がった洗面カウンター。
 2階部分ですよ。
 お客様用ではありません。


tk140.jpg

 ここは、トイレ。
 腰板も張ってあって、ちょっとした飾り部分も作ってくれました。

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。