スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桟木張り

tk083.jpg
 

tk085.jpg

 桟木(ざんき)とは、野地板の上に防水紙を敷き、その上に、瓦を引っ掛ける木のことです。
 この木に瓦を引っ掛けて、留め付け、ずれ防止にするんですね。

 これを、引掛け桟工法(瓦を桟木に引掛け、屋根下地に緊結する)というそうです。

 兵庫南部の地震においては、もう一つの工法、野地板などに瓦を緊結しない土葺施工(耐震性の確保が困難)では、瓦の落下の被害が目だったそうです。
 
tk084.jpg

 2階の床板張り。
 だんだん家の内部のほうにまで作業が始まりました。

 木の表情がいいでしょ!!
  
 今度見に行く時には、床に上がれるかもですね。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。