スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地鎮祭

 いよいよ今日のこの日を迎えました。
 一生に一度のことなので、極度の緊張を味わいました。

 「地鎮祭」は工事に先立ち、土地の神を祝って敷地を清め、工事中の安全と建築物が何事もなく永くその場所に建っていられることを願うお祭りです。

 
P1180062.jpg

 
 神座の四隅に斎竹(イミダケ)を立ててしめ縄をめぐらし紙垂を下げ、神饌(神様の食事)米、塩、山の幸(りんご・バナナ)・海の幸(するめ・昆布)・畑の幸(大根・白菜・人参)と神酒を飾ります。

 これらは、本来は施主が用意するものなんだけど、工務店の方が準備してくださりました。(後払い)

 
P1180074.jpg

 祝詞奏上。
 粛々と聞いています。
 
P1180076.jpg


P1180077.jpg

 鍬入れです。
 盛砂をスコップでかいて、作業する仕草を行います。
 旦那様は黙って、工務店の方は、「エイ!エイ!」と力強く。

 その次に、神職および参列者一同が玉串(たまぐし)をお供えして拝礼します。
 玉串は、榊の枝に紙垂を結んだもので、神さまの御霊(みたま)と参拝者の魂を結ぶものとされています。

 これは、旦那様、私、息子たちも一緒にしました。
 
 
P1180081.jpg

 そして、四方を清め、お招きた神さまたちをお送りして祭儀は終了します。


 お供え物は、神様にささげたものなので、神主さんがお持ち帰りました。


 今回かかった費用は、御初穂料として2万円(御初穂料と表書き)。
 これも、設計士さんから聞いた金額なので、地方によってさまざまだとは思うのですが。

 それからお供え物一式で3000円弱。

 こちらで用意したのは、不要かとも思ったんだけど、設計士さんと、基礎工事を担当する工務店さんに、ビール(発泡酒じゃないわよ)1ケースを包装し、熨斗(御礼と表書き)をかけて渡しました。


 最後に、向こう三軒両隣への挨拶回りです。
 設計士さんが用意してくださった、洋菓子(設計士さんが手がけたお店です)を持って、全員であいさつに行きました。

 ご近所づきあいの第1歩。
 知ってる方もいたのでホッとしました。

スポンサーサイト

コメント

おめでとぉ~っ♪

いよいよだね
これからますます忙しくなるのかな?

疲れが出ないように 適度に(重要よ:爆)力を抜いて
SWEET HOME にのぞんでね
更新楽しみにしてるよ
  ↑
 決してプレッシャーではないっ (≧ω≦)b

ゆりちゃん、こちらではお初~!!
地鎮祭後に体調を崩したのは、極度の緊張、その他ストレスもあったかもv-362

いよいよ始まってドキドキわくわくです。

家作りって大変だね。
自分ごとになって実感してるよ。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。