スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完全分離発注契約

P11701951.jpg

 いよいよこの日を迎えました。
 我が家の建設に関わるすべての業者さんが参加しての契約会です。

 タイトルにもある、完全分離発注方式というのは・・・

 今までの一般的な建設は、一括工事請負方式(ハウスメーカーさん)が多かったようです。
  
 建築業界の古い体質(多重下請け構造による経費の増大)や、膨大な営業経費・人事経費等がすべて建築コストに跳ね返り、そのために建築費は膨らみ、実質の建築費との較差が大きいのだそうです。

 でも、本来建築費とは、純粋な工事費+必要経費であるべきですよね。
 そこで今、従来型の一括工事請負方式によらない新しい建築方式である「完全分離発注方式」が、注目されているそうです。

 一番の大きな違いは、それぞれの専門工事に携わる業者が入札によって決められ、施主が、それぞれの職人さんと直接契約を交わします。
 もちろん、一級建築士の方とも、従来の請負契約ではなく、委託契約を結びます。 
 建築の専門的な部分を建て主に代わってサポートし、専門工事会社と建て主と三位一体となって工事を完成するんです。
 
 私の説明ではわかりにくいかもなんで、こちらをご覧下さい。

 
P1170192.jpg

 すべての工事に関わる業者さんが決まり、契約者に捺印してもらっています。
 
P11701931.jpg

 モウモウ大臣も、実印を押しまくり。
 緊張してる

P1170196.jpg

 無事契約を交わし、次は融資をしてくださる銀行へ。
 手続き書類作成に少し時間がかかるということでお昼を食べにおいしいうどん屋さんへ。
 一仕事終えた後はおなかが減ります。

 今後の予定は、9月に地鎮祭、10月に、御建前。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。