スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた朗報

 郵便ポストに一通の手紙。
 見慣れない宛名。
 それもそのはず、先日、建築士さんが提出してくださった県産材使用に対する補助金予定者に内定したと言う知らせが役場から届いた。

 そこのHPに書かれてある内容を抜粋したものが


 ○○県では、木材需要の大半を占める住宅建築において、木造住宅の普及促進と品質の安定した乾燥材の積極的な使用を推進し、県産材の需要拡大を図るため、主要構造部材に県産材及び県産乾燥材を一定以上使用して木造住宅を建築しようとする方に対し、県産材使用量に応じて助成を行う制度を実施します。



 でもって、使用量に対して補助金も決まるんだけど、その限度額は50万円。
 県産材の使用が少なければ、補助金も減額される。
 我が家は、50万円の補助金がもらえることに。

 よかったよかった。

 うちの旦那様、「○○さん(建築士さん)はすごいなぁ、なんでも知ってるなぁ。」だって。
 アホっぽい発言だけど、まさにその通り。

 この50万円があるかないかでは、出来上がりに大きな差が生まれてくるんだなぁ。
 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。