スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完成披露

 厳しい日程の中で、今日までに仕上げてくださいました。

 我が家のお庭の完成です。


 お世話になったのは、Garden Rela さん。

 

P1370196.jpg

 こちらは、ウッドデッキから、和をテーマにしたデザインを眺めたところ。
 

P1370193.jpg

 そして、同じ場所から洋をテーマにしたデザインを眺めたところ。

 手前にある、山法師(やまぼうし:和製ハナミズキ)に花がつくのが楽しみです。


P1370199.jpg

 和室の真正面です。
 
 これでもかっていうぐらい「和」を強調してあります。
 このしつらえセットがなんともいえません。

 アオキ、石、そして、今日の朝急遽たしてくださった皐月、竹格子、桂離宮風の石畳、飛び石、すべてが落ち着く場所です。

 私が、京都の寺院が好きなのを知ってくれていたのかっていうぐらいマッチしています。


P1370212.jpg

 和室の雪見障子越しに見たお庭。

 初夏にさつきが花をつけたのもいいだろうし、雨の日も風情がありそう。
 
 冬に雪が積もってるのも、またきれいな風景を作り出してくれそうです。


P1370187.jpg

 琉球畳コーナーの真正面。

 黒竹を植えています。

 竹は根が張るので、しっかりと根切りしてシートを張っています。

 石を2色使い分けているのがいいでしょ。

 手前の黒い丸石が、雨に打たれたときに輝いて見えます。

 
 ここだけ見ると、本当に料亭風でしょ。


 
P1370190.jpg

 洋間の真正面です。

 ここは、外でBBQ したりしてもいいように石を張っています。

 芝は、上に伸びるタイプのものではない新製品を使わせてもらったので、手入れも簡単。

 不精な私にはぴったりです。

 それに、11月下旬ごろまで、青々としてくれるようなので、それもうれしい。



 引越しまでに、すべてが完成してるなんて夢のようです。
 
 
 お世話になった皆さん、ありがとうございました。



スポンサーサイト

初めていらっしゃった方へ

 1年間、水面下で動いてきた家作り。

 旦那様の仕事の関係で、ずっと公開できなかった我が家のもうひとつの日記です。



 県外に住みながらにして、家を建てなければいけないっていうときに、一冊の本と出会いました。

 そこで知ったのが、「オープンシステム」という方法でした。

 近くに住みながらの家作りならば、ハウスメーカーに頼んでいたかもしれませんが、建築過程を報告してくれるかというところでネックになり、別の方法を考えているところでの出会いでした。


 簡単に説明すると、施主とオープンシステム会員設計事務所がパートナーシップを組んで設計から完成まで全てを、打合せしながら進めます。

 工事に関わる工務店は、すべて競争入札にかけて施主が決定。

 直接工務店と契約を結びます。

 設計士さんとも、業務委託契約を結びます。

 設計士さんは、施主の代理として、毎日現場に足を運び、図面どおりに出来ているかをチェックし、HPやメールで報告をしてくれます。





 オープンシステムについての詳しい内容はこちらでごらんになってください。




 それでは、我が家の建築日記はこちらからどうぞ。



料亭風!?

DSC00823.jpg

 今日は、南面の庭の様子を。

DSC00825.jpg

 ちょうど和室と畳コーナーのの前あたりに、黒竹を植えています。
 桂離宮風の石畳もいいでしょ。

DSC00826.jpg

 洋間前。
 真ん中あたりから、和と洋で区切りをつけています。

一日仕事

P1360890.jpg

 和室です。
 プリーツのスクリーンです。

P1360898.jpg

 玄関も同タイプのもの。


 P1360907.jpg

 1階部分です。
 全部統一した柄にしました。

P1360896.jpg

 腰窓は、シェードに。

P1360893.jpg

 このレースも結構いいものです。


P1360929.jpg

 子供部屋です。

P1360946.jpg

 2階部分のレースカーテンはみんなこの柄に。

P1360935.jpg

 寝室です。


P1360940.jpg

P1360943.jpg

 旦那様の書斎には木製のブラインドを。


P1360950.jpg

 すべての部屋のカーテンの取り付けが終わったのが午後7時過ぎでした。

P1360959.jpg

 雰囲気が出てきましたね。


デザイン変更

P1360904.jpg

 当初は、石壁と石壁の間に、2本ずつ石柱を置くことになってたんだけど、石壁の大きさからして、このようなおき方のほうがいいかということで変更。

 玄関から中が丸見えって事は避けられるので、これはこれでよし。

焼き杉板張り

DSC00812.jpg

 家の前の庭の土を起こし、水はけがよくなるように真砂土を足しています。

DSC00814.jpg

 焼き杉板で、前の家の境界ブロック塀を隠します。

DSC00813.jpg

 ちょうど真ん中で、張り方を縦、横変えています。
 
DSC00815.jpg

 玄関前。
 
 もうひとつ、石壁が入ります。

いい香り

P1360450.jpg


P1360455.jpg

 役場に書類を提出する用事があったので、完成してからはじめて立ち寄ってみました。

 24時間換気システムが働いてるのもあるんだけど、ずっと密室だった部屋に入るときの、もわ~っとした嫌な感じはまったくなかったです。

 蜜蝋を塗った杉板が、照り輝いていて、足に届く感触も気持ちいい。 

P1360458.jpg

 

 今日は、ご近所に住む、Oさんがうちの中を見に来てくれました。

 いいよいいよ、きれいなうちに見といて~といってあがってもらうと、「お店みたい~」と歓声を上げてました。

 「じゃ、プロデュースしてもらおうかな」って言うと、「食べるほうで協力させてもらうわ」と、なんともいえない懐かしい二人の会話。


 長男君と同じ時期に生まれたK君とも、すっかりタイムスリップして、仲良く遊んでて。

 楽しくなりそうです。

ミツバチ注意

 午後からは、材木に、蜜蝋(木などの吸水性のあるものの表面にすり込んで、磨きあげるためのペースト状のワックス。きめ細やかな表面に仕上がります。 )

 このワックスは、繰り返し採取のできるハーブオイルや、蜜蝋から作られています。

 木目を活かしつつ、木の持つ素晴らしい自然の質感を保ち、室内の空気を良好な状態にしてくれます。

 自然素材からできてるものばかりなんで、安心です。
 
 ワックス特有の鼻につく嫌な臭いなどありません。
 むしろ、柑橘系のさわやかな香りがして、本当にミツバチが寄ってきそう。


P1350347.jpg

 腰板の奥側には蜜蝋が塗ってあって、手前は今から。
 塗ったところは、木目がきれいでしょ。

P1350342.jpg

 2階の小屋裏収納部分。

P1350367.jpg

 子供たちもマスキングテープを張ったり、蜜蝋を塗ったあとの雑巾がけなど、できることをお手伝いしてくれました。

P1350375.jpg

 午前中とはまた違った木の表情です。


 この作業、S事務所のスタッフ3名の予定が、K棟梁&息子さんまで手伝ってくれて、スムーズに終わりました。

 
 最後の最後までありがとうございました。

 ひきつづき、K棟梁&息子さんには、外構工事のほうに携わっていただくことになっています。

 

鍵を受け取りました

 最近、家を見に行くたんびに雨を降らしてる気がする・・・。

 今日は、いよいよ引渡し。

 引渡しは10時半から、かかわった工務店、職人さん立会いのもと行いました。

 
 職人さんたちも、一緒に見て回りながら、「こりゃ~ええ~」「贅沢やわ」などを連発。

 職人さんたちにそういわれると、何よりもうれしいですね。


 11時半ころに、新居の鍵を受け取り、午前中は終了。



P1350313.jpg

 玄関の下駄箱にも足がつきました。

P1350316.jpg

 和室。
 畳の縁の柄を変えたけど、こちらにしてよかったぁ。

P1350310.jpg

 大好きな琉球畳。

P1350377.jpg

 棟梁手作りの座卓にも蜜蝋を塗って輝きがましました。

P1350327.jpg
 
 2階の寝室。
 

外回りをぐるっと

tk254.jpg

 定点観測位置から

tk255.jpg

 玄関へ

tk256.jpg

 中庭

tk257.jpg

 北面上部から

tk258.jpg

 南面上部から

tk260.jpg

 日当たりのいい南面




 今度は外構工事が始まります。


いらっしゃいませ、我が家へ

tk245.jpg

 玄関ホール

tk244.jpg

 和室

tk249.jpg

 和室から見た畳コーナー

tk250.jpg

 キッチンから見たリビング

tk240.jpg

 キッチン

tk241.jpg

 キッチン収納

tk248.jpg

 階段を上がって2階へ

tk239.jpg

 階段ホールから見たベランダ

tk253.jpg

 子供部屋

tk238.jpg

 2階洗面

tk237.jpg

 寝室

ピカピカに

 家が完成し、引渡し前にきれいにハウスクリーニングです。

tk231.jpg

 玄関タイル洗浄
 
tk242.jpg
 

tk243.jpg


tk246.jpg


tk247.jpg


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。