スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完成披露

 厳しい日程の中で、今日までに仕上げてくださいました。

 我が家のお庭の完成です。


 お世話になったのは、Garden Rela さん。

 

P1370196.jpg

 こちらは、ウッドデッキから、和をテーマにしたデザインを眺めたところ。
 

P1370193.jpg

 そして、同じ場所から洋をテーマにしたデザインを眺めたところ。

 手前にある、山法師(やまぼうし:和製ハナミズキ)に花がつくのが楽しみです。


P1370199.jpg

 和室の真正面です。
 
 これでもかっていうぐらい「和」を強調してあります。
 このしつらえセットがなんともいえません。

 アオキ、石、そして、今日の朝急遽たしてくださった皐月、竹格子、桂離宮風の石畳、飛び石、すべてが落ち着く場所です。

 私が、京都の寺院が好きなのを知ってくれていたのかっていうぐらいマッチしています。


P1370212.jpg

 和室の雪見障子越しに見たお庭。

 初夏にさつきが花をつけたのもいいだろうし、雨の日も風情がありそう。
 
 冬に雪が積もってるのも、またきれいな風景を作り出してくれそうです。


P1370187.jpg

 琉球畳コーナーの真正面。

 黒竹を植えています。

 竹は根が張るので、しっかりと根切りしてシートを張っています。

 石を2色使い分けているのがいいでしょ。

 手前の黒い丸石が、雨に打たれたときに輝いて見えます。

 
 ここだけ見ると、本当に料亭風でしょ。


 
P1370190.jpg

 洋間の真正面です。

 ここは、外でBBQ したりしてもいいように石を張っています。

 芝は、上に伸びるタイプのものではない新製品を使わせてもらったので、手入れも簡単。

 不精な私にはぴったりです。

 それに、11月下旬ごろまで、青々としてくれるようなので、それもうれしい。



 引越しまでに、すべてが完成してるなんて夢のようです。
 
 
 お世話になった皆さん、ありがとうございました。



スポンサーサイト

料亭風!?

DSC00823.jpg

 今日は、南面の庭の様子を。

DSC00825.jpg

 ちょうど和室と畳コーナーのの前あたりに、黒竹を植えています。
 桂離宮風の石畳もいいでしょ。

DSC00826.jpg

 洋間前。
 真ん中あたりから、和と洋で区切りをつけています。

デザイン変更

P1360904.jpg

 当初は、石壁と石壁の間に、2本ずつ石柱を置くことになってたんだけど、石壁の大きさからして、このようなおき方のほうがいいかということで変更。

 玄関から中が丸見えって事は避けられるので、これはこれでよし。

焼き杉板張り

DSC00812.jpg

 家の前の庭の土を起こし、水はけがよくなるように真砂土を足しています。

DSC00814.jpg

 焼き杉板で、前の家の境界ブロック塀を隠します。

DSC00813.jpg

 ちょうど真ん中で、張り方を縦、横変えています。
 
DSC00815.jpg

 玄関前。
 
 もうひとつ、石壁が入ります。

乗りかかった船

 外構の第2案が提示されました。
 
 一目ぼれした第1案のイメージを大幅に変えることなく、値段でいうと、前回よりもぐ~んとお安くなってきました。


 ただし、問題になるのは、前のお宅が境界線に建てたブロックをどう隠すか。

 よく、境界線のブロックは半額ずつ出し合って2軒で立てるってのがあるんだけど、我が家は引っ越してしまったので、独自で建てられたものなの。

 我が家の南面は、全面窓があるので、これはどうにかしないとということで振り絞ってだしてくださった案が、大工担当の業者さんに、焼き杉板を調達してもらい、トンカンと仕上げてもらうってこと。

 大工さんなら、柱を建てて、板を張るなんてお手の物。
 ただ、これも、家を建てる以外のお仕事。

 棟梁が引き受けてくれるかが問題だったんだけど、私がお願いすると、「今日は耳の調子が悪いなぁ~」なんていいながらも、最後までお引き受けしてくださることに。

 バレンタインは過ぎちゃったけどといって持っていったマドレーヌがいい賄賂になりました。(爆)

ショールームで2時間

P1310571.jpg

 午後一で、外構をお願いしようと思っているとこのショールームにいってきました。

 最初にデザインを見せてもらうのは紙面上になるわけだけど、それだと平面でしかものが見られないからと、高さのイメージがあとになって違ったということも多いのだそう。

 なので、最近は、PCをつかって立体的に見てもらうようにしてるんだって。
 
 立体で、しかも、ここの位置から見るとこういう感じだとか、視点をぐるぐると変えられる様にはびっくり。

 でも、断然イメージは確かなものとして描くことができる。

 
 最初にデザインしてもらうときに、まったく外構費のことは考えておらず、この家に合った感じてというアバウトなものでお願いした。

 そしたら、料亭風なすごいデザインが上がってきた。
 これは現実にはできないので書いちゃうけど、そのお値段、ざっと300万円なり~。

 ちょっとびっくりしてる私に、担当のOさんが教えてくれた。

 どれぐらいのお値段か検討もつかれないお客様が多いのが事実。
 でも、そこで、こんなものしかできないのっていうデザインは出せないので、これでもか(デコレーションいっぱい)っていうぐらいのを出して、引き算していくんです。
 イメージは崩さないで、値段を下げていく方法はいくらでも考えられますので大丈夫。って。

 ちょっと安心。

 
 次回、来週に修正をかけたものを提示してくれるので楽しみにしていよう。
 

P1310542.jpg

 玄関に使う石壁。

P1310546.jpg

 石壁の間に入れる石柱。
 
P1310534.jpg

 和室の前にあしらうセット。

 この横には、黒竹を植え込む予定。

 Oさんが、料亭風になりますよ~というので、すかさず、うちは居酒屋なんでといっておく。

P1310549.jpg

 桂離宮風の石畳。

P1310537.jpg

 1階洋間の前は芝生にするんだけど、その一部に石を敷く予定。


不精なもので

 家を新築する時に、一緒に考えなければいけないのが、外構やお庭のこと。

 まずは家だけといって、何年かあとにしようとしても、金銭的な面から考えても無理だろうからと、初打ち合わせをしました。

 それがこちら→Garden Rela

 現地踏査してもらい、私の不精な性格を懇々と話させてもらって、次回訪問する時に、プランニングと見積もりを見させてもらうことに。

 一番のネックは、我が家の前に立つお宅が、コンクリートブロックの塀で囲まれているんだけど、それが、我が家の南面からまん前に広がって見えるので、どうやって目隠しするかってこと。

 どんなプランを考えてくださるかちょっとワクワクしてます。
 
 

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。