スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝動買い

 今日、お出かけした先で、偶然目にしたこの家具たち。

 衝動買いっていうのはこういうことをいうんだなぁっていう買い方でした。(汗)


 
 これは、屋外用のベンチにしようと思って購入したんだけど、十分に乾燥させるまでは、雨風にさらさないほうがよいということで、しばらくは室内で使うことに。


 家に帰ってから、一人で、蜜蝋塗りを。


P1410199.jpg


 塗り終わった後です。

 オレンジのいい香り。

P1410201.jpg


 ベンチが全部、高さも太さも違うのが、いかにも手作りって感じで好きです。


スポンサーサイト

これで最後?

P1390573.jpg


 ワークトップの前面は、いすを置いて、簡単に食事をしたり、子どもたちが宿題をしたりと考えていました。

 近場のお店で、カウンターチェアーを探していたのだけれど、ぴんと来るものがなく・・・。


 ネットでカタカタして、見つけたのがこれ。

 
 大きな買い物はこれで最後・・・だと思います。


紹介されました

 こちらのページで、オープンシステムというものについて、その考え方や、他の方法との比較などを紹介しています。

 ここのサイトで、我が家の建築士さんの存在を知りました。

 

 
 そこで、我が家が、事例紹介で掲載されることになろうとは。


こちらのページ

 びっくりです。

 でも、正直うれしいですね。

表札

P1370688.jpg

 我が家の表札は、新製品だったこともあり、入荷に時間がかかって、本日取り付けです。
 お任せした、GARDEN RELAさんも、初の取り付け作業だったそうな。

P1370689.jpg

 カタログで見ただけでの判断だったので、実物が来るまで、一抹の不安を抱えてたんだけど、そんなのはすぐに払拭されちゃいました。

 和にも洋にも合うという言葉どおり、雰囲気がいいです。

 ガラス板に、名前が掘り込んであって、ステンレスの板が後ろにつけてあります。

 P1370699.jpg

 なかなかいい雰囲気なので、お近くにお越しの際は覗いていってください。


完成披露

 厳しい日程の中で、今日までに仕上げてくださいました。

 我が家のお庭の完成です。


 お世話になったのは、Garden Rela さん。

 

P1370196.jpg

 こちらは、ウッドデッキから、和をテーマにしたデザインを眺めたところ。
 

P1370193.jpg

 そして、同じ場所から洋をテーマにしたデザインを眺めたところ。

 手前にある、山法師(やまぼうし:和製ハナミズキ)に花がつくのが楽しみです。


P1370199.jpg

 和室の真正面です。
 
 これでもかっていうぐらい「和」を強調してあります。
 このしつらえセットがなんともいえません。

 アオキ、石、そして、今日の朝急遽たしてくださった皐月、竹格子、桂離宮風の石畳、飛び石、すべてが落ち着く場所です。

 私が、京都の寺院が好きなのを知ってくれていたのかっていうぐらいマッチしています。


P1370212.jpg

 和室の雪見障子越しに見たお庭。

 初夏にさつきが花をつけたのもいいだろうし、雨の日も風情がありそう。
 
 冬に雪が積もってるのも、またきれいな風景を作り出してくれそうです。


P1370187.jpg

 琉球畳コーナーの真正面。

 黒竹を植えています。

 竹は根が張るので、しっかりと根切りしてシートを張っています。

 石を2色使い分けているのがいいでしょ。

 手前の黒い丸石が、雨に打たれたときに輝いて見えます。

 
 ここだけ見ると、本当に料亭風でしょ。


 
P1370190.jpg

 洋間の真正面です。

 ここは、外でBBQ したりしてもいいように石を張っています。

 芝は、上に伸びるタイプのものではない新製品を使わせてもらったので、手入れも簡単。

 不精な私にはぴったりです。

 それに、11月下旬ごろまで、青々としてくれるようなので、それもうれしい。



 引越しまでに、すべてが完成してるなんて夢のようです。
 
 
 お世話になった皆さん、ありがとうございました。



初めていらっしゃった方へ

 1年間、水面下で動いてきた家作り。

 旦那様の仕事の関係で、ずっと公開できなかった我が家のもうひとつの日記です。



 県外に住みながらにして、家を建てなければいけないっていうときに、一冊の本と出会いました。

 そこで知ったのが、「オープンシステム」という方法でした。

 近くに住みながらの家作りならば、ハウスメーカーに頼んでいたかもしれませんが、建築過程を報告してくれるかというところでネックになり、別の方法を考えているところでの出会いでした。


 簡単に説明すると、施主とオープンシステム会員設計事務所がパートナーシップを組んで設計から完成まで全てを、打合せしながら進めます。

 工事に関わる工務店は、すべて競争入札にかけて施主が決定。

 直接工務店と契約を結びます。

 設計士さんとも、業務委託契約を結びます。

 設計士さんは、施主の代理として、毎日現場に足を運び、図面どおりに出来ているかをチェックし、HPやメールで報告をしてくれます。





 オープンシステムについての詳しい内容はこちらでごらんになってください。




 それでは、我が家の建築日記はこちらからどうぞ。



料亭風!?

DSC00823.jpg

 今日は、南面の庭の様子を。

DSC00825.jpg

 ちょうど和室と畳コーナーのの前あたりに、黒竹を植えています。
 桂離宮風の石畳もいいでしょ。

DSC00826.jpg

 洋間前。
 真ん中あたりから、和と洋で区切りをつけています。

一日仕事

P1360890.jpg

 和室です。
 プリーツのスクリーンです。

P1360898.jpg

 玄関も同タイプのもの。


 P1360907.jpg

 1階部分です。
 全部統一した柄にしました。

P1360896.jpg

 腰窓は、シェードに。

P1360893.jpg

 このレースも結構いいものです。


P1360929.jpg

 子供部屋です。

P1360946.jpg

 2階部分のレースカーテンはみんなこの柄に。

P1360935.jpg

 寝室です。


P1360940.jpg

P1360943.jpg

 旦那様の書斎には木製のブラインドを。


P1360950.jpg

 すべての部屋のカーテンの取り付けが終わったのが午後7時過ぎでした。

P1360959.jpg

 雰囲気が出てきましたね。


 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。